頭皮を温めて冷やさないことは育毛

頭皮を温めて冷やさないことは育毛にとって非常に大切なことです。もし頭皮が冷たい状態にあると血液の巡りが悪化して栄養素が毛母細胞に運ばれにくくなります。さらに、皮脂は温度が低くなると凝固するので、皮膚のアブラが毛穴に詰まってしまう原因となってしまうのです。
販売されているドライヤーには育毛用もあります。
でも、もっとも簡単な方法としてはシャンプー前に頭をお湯洗いして皮膚を温め、頭皮の皮脂、老廃物を除去しやすくすることといえます。
継続的に頭皮マッサージをすることで頭皮は少しずつですが確実に状態が良くなり、髪が増えるようになるはずです。
爪をたててマッサージすると頭が傷だらけになるので、傷つけないようにやさしい力加減で指の腹を使って行ってください。
髪を洗うのと一緒に頭皮を揉んでおくと洗髪も一緒にできて楽ちんです。
髪の毛が増えるまでしっかりと続けていってください。髪に良いとされる栄養素は多くありますが、特にたんぱく質と亜鉛、ビタミンB群は、育毛治療に最も適した栄養素だと言えるでしょう。
具体的に言えば、たんぱく質はアミノ酸の集合体で、アミノ酸はケラチン(毛髪の主成分)になります。なお、このケラチンが作りだされるためには、亜鉛が必要になります。
ビタミンB群は、髪の毛を発毛し成長させる毛母細胞を活性化するために必要な栄養素です。
たんぱく質ならば、豆腐や納豆などの大豆製品に、亜鉛の場合は牡蠣、ビタミンB群は緑黄色野菜やレバーなどに含まれているため、バランスよく摂取してください。頑丈で健康な髪の毛をたくさん生やすためには、頭皮の環境を整えることと、育毛のための治療を同時に進行させることが必要になってきます。
全身はもちろん、頭皮の血液の流れが改善されると、髪の毛を作っていく毛母細胞に栄養分がしっかりと浸透するようになるからです。
入浴の最中に頭皮のツボマッサージをやるのは良いことではあるものの、何事もほどほどにするのが良いでしょう。酷く痛むほどに力を入れすぎたり、必要以上に長い時間マッサージし続けると却って頭皮にとって負担になるので注意しましょう。
過ぎなければ構わないのですが、アルコールの過剰摂取はAGA治療にとっては大きな障害となります。
体内でアルコールを分解する際にはアミノ酸が使われますが、頭皮や髪を構成する要素として重要なケラチンもアミノ酸から作られます。体内のアミノ酸の生成比率というのは変わりませんから、アルコールの分解のために大量に消費されることで、本来は毛髪に回すべき栄養素が届かず、間欠的あるいは慢性的に欠乏しているようになるため、治療効果を減殺するからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です