よく売られている髪を成長させるシャンプーは皮脂汚れとい

よく売られている髪を成長させるシャンプーは皮脂汚れといったものを流し、元気な髪の成長を応援してくれます。普段見慣れているシャンプーに入れられている成分で、洗浄効果のあるものは、頭皮にダメージを与えやすく抜け毛につながる可能性があります。しかしながら、髪の育成に役立つシャンプーを使うことで、頭皮や髪にとってマイナスにならない成分で優しく洗浄することが可能なので、髪の成長につなげることができます。
波に揺れる姿が髪の毛を髣髴させることから、昔から海藻は髪の毛に良いと言われていました。けれども、ヨウ素などが含まれている海藻を積極的に食べたとしても、これといって発毛を促すような作用は認められていませんでした。でも、フコイダンという、ワカメや昆布のヌメリ成分に多く含まれる天然成分が毛母細胞を活性化させて発毛に欠かせないIGF−1と呼ばれる物質を増加させることが研究によって明らかにされました。
IGF−1は、ソマトメジンCとも呼ばれていて、唐辛子や大豆などの食品を摂取した時にも増加します。
イソフラボンという成分は、女性ホルモンであるエストロゲンに似た働きをするため、男性ホルモンの過剰な働きを抑え、抜け毛や薄毛に効果的だという話があります。
なので、摂取することで髪が生えるという話もありますが、特に科学的な証拠がある訳ではありません。
一般的に、大豆イソフラボンという名前が真っ先に挙がるように、納豆や豆乳などの大豆製品がイソフラボンを多く含んだ食品として代表的です。洗髪に一般的な水ではなくて炭酸水を使用すると、清涼感があって良い気分になれる上、育毛についてもプラスに働きます。
しゅわしゅわする泡のマッサージで頭皮が刺激され血行促進に効果的ですし、毛穴も綺麗にすることができます。市販されている炭酸水ならどれを使ってもOKですが、硬水よりは軟水の方が泡立ちを邪魔しないため優れていると言えます。
若いうちに治療を開始したほうが早く良い治療結果が出てくるというデータがあります。
とはいえ、AGAの状態が進んでいることが客観的に明らかな時でも、発毛の元になる毛母細胞が存在するのでしたらAGA治療の効果はまだまだ期待できます。毛母細胞というのは、目を凝らしても視認できないので、見た感じ毛のない肌になっていたとしても検査すれば毛母細胞が確認できることがあります。
ですからAGA専門のクリニックで早めに相談し、検査してもらうと良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です