発毛を促進させたい気持ちは充分分かります。

発毛を促進させたい気持ちは充分分かります。
そのために頭皮に刺激を与えて、頭皮をブラシなどで叩く方がいるということを聞くことがあります。結論を先に言ってしまうと、頭皮を叩く方法は育毛や発毛が期待できないばかりか頭皮にはこの刺激が負担になって、髪の毛が抜けたり薄くなったりする場合もあるのです。頭皮にあたる部分が尖っているブラシなどを使うのではなくて、指先だったり先が丸くて柔らかいグッズを使用するならば、強い負担をかけることなくイキイキとした髪の毛を生やすことに繋がっていくのです。市販の育毛剤を使用すると、副作用が発症するのかというと、配合されているものが強い成分であったり、高濃度であったりすると、体質次第では、副作用が出てくる可能性があります。使い方を間違っている場合にも、副作用が起きうることがあるでしょう。
使用の際、注意事項をよく読んで、何かしらの異常が現れたら、使うのを中止するようにしてください。身体の中で位置が離れているので関係無いと思いがちですが、腸内環境と育毛は実は深い関連性があります。
腸内の環境が悪くなって便秘を引き起こすと、腸内にとどまっている食べ物のカスから有害物質が出て、腸から毒になる成分が全身を巡ってしまうからです。
腸内の環境をアップさせるためには乳酸菌を摂取することが効果的です。
乳酸菌は腸内環境の改善に貢献するだけでなく、胃や腸内でIGF−I(発毛促進成分)が分泌されるのをより増加させる作用を持っていて、更に育毛には効果的と言って良いのです。
育毛剤を使用したりクリニックに通ったりしてケアをしたとしても、髪の毛の根底の身体が不良の状態では効果が出るものも出なくなります。
つまり、血行が良くなるような体質そのものの改善が肝心です。運動や睡眠が不足しているならそれを改善する、手軽だからとシャワーのみで終わりにしないでお風呂にちゃんと入る、タバコをたしなむ人は吸う本数を減らす等でゆっくりですが確実に体質改善がされていきます。筋トレをし過ぎると、薄毛が進行すると聞いたことがありませんか?筋肉を増やす事は薄毛の原因となる男性ホルモンの働きを活性化させるというのがこの話の根拠になりますが、結果的に言えば筋トレによって薄毛が進行する可能性は低いです。
とはいえ、例外もあります。
それは、AGAの人です。この場合は、抜け毛が酷くなる症例が報告されています。AGAは男性ホルモンを脱毛ホルモンに変えてしまう物質が活性化している病気なので、男性ホルモンの増加が薄毛に直結してしまうのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です